singulum LINE_075 – Stray Landings (UK)

Feb. 25, 2016 by

singulum_cover

LINE_075 | CD + Digital | limited edition of 400 | February 2016 If William Basinski had used an early 2000s CD Player rather than a tape reel to craft his

singulum LINE_075 – Brainwashed (USA)

Feb. 23, 2016 by

singulum_cover

Singulum LINE_075 | CD + Digital | limited edition of 400 | February 2016 Like her debut release, Valence (2012), Montreal’s France Jobin’s work is from the traditional school of electronic

singulum – LINE_075 – soundnote – hatenablog (Japan)

Feb. 20, 2016 by

singulum_cover

LINE_075 | CD + Digital | limited edition of 400 | February 2016 France Jobinの新作が〈LINE〉からリリースされました。同レーベルからは2012年の『Valence』以来ですね。France Jobinはカナダはモントリオールのサウンド・アーティスト。研ぎ澄まされたミニマムな電子音響がその特徴です。i8u名義でも多数の作品をリリースしています。 「量子物理学にインスパイアされた」という本作は、これまで以上に澄んだ空気のように透明な音響に仕上がっていました。まさに音の彫刻。相変わらず徹底的にミニマムな音響が美しいです。とはいえ『Valence』よりが明確な反復感や展開があり、聴きやすいともいえます。そして、00年代以降のデジタル以降のミニマル美学の結晶のようなアルバムに仕上がっていました。いわば「デジタル・アンビエント」として実に秀逸な作品なのです。さまざまな音にフィールドレコーディングにおる環境音がまじりあい、浮遊するような清潔で透明な音が生まれています。 制作は「アメリカ、ヨーロッパ、日本、スウェーデンのEMSスタジオ」で行われ、「サージ、ブックラ200モジュラー・シンセサイザー、ノード・モジュラー」などを使用しているそうです。 〈LINE〉は、今回、France Jobinと同時にTomas Phillipsのアルバムもリリースするなど、昨今では珍しく(?)なりつつあるデジタル以降の電子音響/サウンド・アート的な音響作品をリリースし続けており、自分のような嗜好性のリスナーにはとても貴重なレーベルです。昨年で15周年を迎え、この移り変わりの激しい電子音楽/音響界(?)では、いまや「老舗」ともいえるレーベルですが、今年のリリースにも期待が高まります。

The Answer – a film by Cédrick Eymenier, music – France Jobin – Stephan Mathieu

Feb. 11, 2016 by

answer-cover-test (1)

MUSIC FOR THE ANSWER from Schwebung on Vimeo. THE ANSWER A smooth aquatic road movie. The story of a coincidence in the shape of a Rorschach test. Shot on the

singulum LINE_075 – The Answer Is In The Beat

Feb. 11, 2016 by

singulum_cover

Singulum LINE_075 | CD + Digital | limited edition of 400 | February 2016 Typical of the Line label, the latest release by Montreal-based sound artist is ultra-minimal, but it contains

review – singulum – LINE_075 – 2016 – a closer listen

Feb. 8, 2016 by

singulum_cover

Singulum LINE_075 | CD + Digital | limited edition of 400 | February 2016 Like a sluggish mummification process, the light and creamy textures of Singulum are gently wrapped around the

review – the illusion of infinitesimal – (baskaru) – 2014 – etherreal – (FR)

Feb. 2, 2016 by

KARU27_1440x1440

France Jobin The Illusion Of Infinitesimal BASKARU KARU:27 CD (2014) France Nous n’avons jamais parlé de France Jobin sous son propre nom, mais nous suivions son travail depuis qu’on l’a découverte